泉区災害ボランティア連絡会 Facebook投稿実績 2018年
https://www.facebook.com/izumi.saivora.net/

 件数 投稿月日  内 容 
5923112月  
571 1231  神奈川災害ボランティアネットワーク、倉敷行ボラバス参加者募集
570 1228  ながわ災害ボランティア バスチーム、西に本豪雨災害支援ボラバス(倉敷便)参加者募集
569 1226  関西から伝えたい、震度6弱で損壊、台風で大規模停電、「今暮らしに必要なものは?」
568 1227  災害時の発達障碍者支援を探る 岡山県
567 1219  岡山弁護士会ニュース、豪雨災害の被災者の皆さんへ
566 1219  【西日本豪雨】いのちを守る「よみがえる団地第3部」(上)、結束目指し試行錯誤 遠い再建、
565 1219  同上(下) 新たな目標
564 1219  災害時は国際基準(スフィア基準)で避難所運営を  災害や紛争の避難所では
563 1219  静岡県、マンションで地区防災計画策定へ
562 1218  火災による死亡原因のほとんどは「煙」
561 1218  葉山町、災害時に商工会と連携  応急対策 会員企業担う
560 1217  大阪北部地震半年、消えぬ民家のブルーシート 業者も資金も不足
559 1214  瀬谷災ボラネット、三ツ境小学校防災拠点訓練で、DITAと電子地図を提案
558 1214  『高槻民間災害ボランティアセンターしまとみ』 立ち上げ
557 1213  障がい者の「防災」を考えるフォーラム 戸塚区
556 1213  Safety Kids いずみ、「災害に強い園をつくる」研修会開催、保育・教育施設など対象に
555 1211  南海トラフで全長、数分から避難開始 政府方針
554 1211  地域防災計画に受援担当新設へ 厚木市
553 1210  港北区災V連主催のシミュレーション訓練「災害時に障がいのある人は、どんなことに困るの?」
552 1210  忘れられた大阪北部地震 5か月たった今も続く被災者支援
551 1210  泉区赤十字防災ボランティアQQの会定期勉強会開催
550 1210  ピースボート災害ボランティアセンター 、ボランティア募集、【西日本豪雨】3月まで延長決定
549 1210  かながわ災害情報連絡会、YouTubeチャンネルを開始
548 1206  国土交通省、災害時の支援物資輸送でハンドブックを作成へ ラストマイル輸送
547 1205  泉区災害ボランティア連絡会の12月度運営委員会
546 1204  横浜防災ライセンス 地域防災拠点のガソリン携行缶、使用時には必ず中身が分かるよう表示を
545 1204  【多言語医療問診票のポスターを無料配布しています。公益財団法人かながわ国際交流財団
544 1202  上飯田中学校地域防災拠点防災訓練
543 1201  東京都、防災現場へ女性3000人を育成
542 1201  被災状況、刻刻映す地図 電力や道路、官民で情報集約
541 1201  ピースボート災害ボランティアセンター  【西日本豪雨】中間報告会
540 1201  瀬谷区災害ボランティアネットワーク 日頃の活動紹介にYouTubeを積極的に活用に
53111月 
539 1130  阪神淡路から災害情報の共有・利活用は、どう変わったか?
538 1129  あれから3か月…北海道沖で超巨大地震発生確率“40%”…地層に隠された痕跡を追え
537 1129  群馬県内外国人住民数と災害時通訳ぼrンティア登録者数5年で6倍
536 1128  大雨防災情報の5段階区分案 切迫度、理解し易く
535 1128  必ず来る大災害! そのとき問われるハマの地域力
534 1128  被災状況を刻々映す地図 官民で情報集約
533 1127  被災地支援 「半壊の涙」をなくそう!
532 1126  磯子区災害ボランティアネットワーク  HPを閉鎖 Facebookで発信の体制で
531 1127  つづき防災セミナー さいがいV受入れのために必要なこと
530 1123  ふりがな付きで子どもにも理解しやすい「海岸漂着危険物ハンドブック」↓
529 1119  震災対策訓練を考える~シナリオなき訓練のススメ~
528 1119  災害時の物資情報で新システム=市町村まで共有可能に
527 1118  神奈川災害ボランティアネットワーク(KSVN)主催の「西日本豪雨災害ボランティアバス報告集会」
526 1118  泉区初の「防災フェア」に「お家の防災グッズなあに?クイズ」で参加
525 1115  災害復興期の心のケア探る 熊本市で被災者支援講演会
524 1114  同一災害なのに…全壊支援金に地域差 国「被災世帯数」で支給可否 対象外に救済ない県も
523 1113  真備のボランティア激減、ピークの10分の1に ニーズ多様化、手付かずの家屋も
522 1112  国内最大の災害訓練施設開所 1万5千平方メートルに12設備 厚木市
521 1109  豪雨から再建へ「これから手帳」 医療受診結果、生活困り事などをカレンダ-形式に
520 1109  大分、別府、由布の3市で、最大震度7想定 中央構造線が動いた場合 死者最悪3万人
519 1108  11月9日(金)から13日(木)までは横浜市の火災予防週間
518 1108  土いじりする時は破傷風菌に注意 治療困難、高い死亡率
517 1108  アレルギー疾患医療 2病院を拠点に選定  県立こども医療センターと横浜市立みなと赤十字病院
516 1105  泉区災害ボランティア通信 No.1801」を発行
515 1104  泉区民ふれあい祭り、防災関連の活動をしている機関・団体とスタンプラリー
514 1102  11月度運営委員会
513 1102  被災地で情報提供の重要性認識
512 1102  小さな段ボール工場が変えた避難所の光景
511 1101  週末は区民祭り
510 1101  おもちゃ持参がお得 通信所跡地のイベント 18日の「防災フェア」
509 1101  泉ふれあいホームが移転 来年1月から同ビルの上階へ
10
508 1030   Safety Kids いずみ、「災害に強い園を」管理者向けに研修会  リスク対策.com に掲載
507 1029  復興遅れが被災者の健康に悪影響 近隣との交流は好影響 熊本地震調査
506 1029  福祉避難所 自治体の95%指定、収容数は対象の1割
505 1027  福祉防災コミュニティ協会 福祉避難所の設置・運営に関する実務研修、今年度からスタート
504 1027  発災から3ヶ月以上が経ち、西日本豪雨の被害を受けた住民、仮設住宅への入居が徐々に
503 1026  発達障害者の避難へ備え 熊本地震時「避難所」2割、「車中泊」5割
502 1025  【万が一の備えに】災害時に利用することができる「災害復旧貸付」制度とは
501 1025  SafetyKidsいずみ 「災害に強い園を」 管理者向けに初の研修会
500 1025  災害発生前の備えを厚くせよ 谷口博昭  国土強じん化を加速する必要
499 1025  倉敷市災害ボランティアセンター 明日から3日間は本部センターの引っ越し
498 1025  電気やガス、水道会社の担当者に聞いた!「災害時、どうすればいい?」
497 1025  災害時医療 診療可能は旗が目印 3師会が掲出訓練
496 1025  旭中・中沢小 防災訓練で初の連携 2校と地域で同日に
495 1022  医療機関による災害時のぼり旗掲出訓練 
494 1021  「瀬谷フェスティバル」で瀬谷災ボラネット、瀬谷区役所総務部と合同でブース展示
493 1021  緑園西の街(緑園4丁目西)の消防訓練
492 1021  平成30年度「津波防災の日」スペシャルイベント「最新科学×津波×地域防災」が開催 11月5日
491 1019  熊本地震から2年半 防災意識が低下?
490 1018  「避難所をより良くするために」をテーマとしたPBVでの講演
489 1018  「ぼうさいこくたい2018」、みせます!「情報共有会議」、災害支援のコーディネーション
488 1018  災害関連死ゼロフォーラム第1回全国大会シンポジウム
487 1018  保育園で行う【避難訓練】の手引き!地震や火事、子どもの防災意識を高めるには?
486 1017  被災を追体験する防災教材 クロスロード熊本編 設問33題に答え、考える
485 1016  北海道胆振東部地震支援の街頭募金活動に参加 中区、市健福総C、鶴見区、瀬谷区
484 1015  発達障がいや知的障がい者と家族のための防災ガイドブック作成印刷費用を募集
483 1014  北海道胆振東部地震から、1ヶ月以上が経ちました。詳細はPBV報告
482 1013  瀬谷区災ボラネット、三ツ境小学校防災拠点訓練拡大企画部会に連携団体の一員として出席
481 1013  災害廃棄物処理の経験を未来へ引き継ぐ 宮城県の事例に学ぶ
480 1011  吹田市災害ボランティアセンター ボラと職員と共に、ニーズの現地調査やケース訪問、
479 1008  これからでも応募できる助成金情報  にいがた災ボラネット
478 1008  吹田市災害ボランティアセンター 埼玉、滋賀、京都、和歌山、徳島など遠方からのボランティア
477 1007  Safe Kids Japan活動報告会(1)~子どもの傷害予防活動とメディア ~
476 1006  平成30年北海道胆振東部地震(第19報) 全社協
475 1005  第4回の胆振東部地震に関する情報共有会議が開催
474 1005  支援物資の受入れについて(10/22 9:00更新) 北海道厚真町
473 1004  災害に備える上、不安な時こそ温かい食事 備蓄は食べなれたもの、食べたいもの
472 1004  【安平町10/6-8募集】70名以上希望。台風の状況次第で7、8中止の可能性あり。
471 1003  学校は休校、親は仕事…子どもの居場所は、 胆振東部地震の発生後
470 1002  「こころのケア班」派遣 日赤県支部、北海道地震で被災者を支援
469 1002  被災者の見守り、相談事業を開始 倉敷、総社市 孤立化防止へ
468 1002  浦安市災害ボランティアセンター運営連携委員会を開催 関係者広く参加で
467 1001  くれ災害VCーの現地支援 総務班、全体調整、現地調査、外部団体との応援調整等
466 1001  ボランティアセンターのコーディネート部門のシミュレーション訓練を実施  泉区
9月
465 0930  災害ボランティアセンターのコーディネート部門のシミュレーション訓練を実施
464 0930  北海道・厚真町 タイムライン運用開始 台風24号接近 土砂災害を警戒
463 0928  ジュニアボランティア募集中です。中学・高校・大学・専門学校の生徒の皆さん、大歓迎
462 0927  家具転倒防止対策を促進年齢要件を緩和 横浜市
461 0925  最後の一人まで>伴走型支援の今 情報提供の仕組みを
460 0925  伴走型支援の今(下)ケース会議 再建プラン戸別に練る
459 0925  首都直下地震に備える 知りたい防災科学の最前線
458 0924  災害時ボランティア活動実践とラーニング 地域の受援力を高め、減災力のお向上を目指
457 0923  KSVネットの西日本豪雨支援便(9/22発, 6便)、出発前ワンショット
456 0921  かながわ311ネットワークのボラバスは6便完了
455 0919  被災地に乳児用液体ミルク=アレルギーなど注意を
454 0914  大型プロジェクト 「安平被災者支援 全戸訪問プロジェクト」 ”一人の困難者も見逃さない” 
453 0913  「情報受伝達」一層強化へ 18団体が合同防災訓練
452 0912  太田市災害ボランティアセンター閉鎖したが、広く「困りごと」相談受付
451 0912  安平町災ボラセンター 受付ボランティア分析
450 0912  赤十字救急法基礎講習&救急員養成講習が開催されます
449 0911  厚真町の避難所サポート報告 ピースボート災ボラセンター
448 0911  厚真町災害ボランティアセンター 朝の受付(事前受付した方)の様子と作業内容の説明の風景。
447 0911  【平成30年北海道胆振東部地震(第4報)】
446 0911  岐阜県関市へ大和からボラバス 
445 0911  安平町災害ボランティアセンター 現在ボランティア約500名の登録
444 0909  磯子区災害ボランティアセンター設置運営訓練の案内
443 0909  国崎信江の北海道で発生した地震で被災された皆様へ
442 0909  災害支援ボランティアセンター開設のお知らせ(外国語版)豊中市社会福祉協議会
441 0908   南瀬谷小学校防災拠点訓練に瀬谷災ボラネット参加
440 0908   泉区災害対策本部運営(情報伝達)訓練に参加
439 0908  災害時の備えTwitter 6つの活用法 災害情報共有システム DITS & DIMS も
438 0908  酸素療法している人の備えは?
437 0906  災害ボランティア養成講座(コーディネーター編) 浦安市災ボラセンター
436 0906  ブロック塀撤去に補助 王減30万円個人所有対象 横浜市
435 0905  泉消防署主催の「地震防災展 ‟生存率を上げろ! その1%が、あなたの命を救う!“」
434 0905  マンション防災力強化ワークショップ第1回 かながわ311ネットワーク
433 0904  大地震時の連携確認 横浜市職員訓練に300人参加
432 0904  東京23区。豪雨時の「洪水リスクが高い区リスト、地下鉄は水道管化、荒川決壊で水没も、
431 0903  横浜市総合防災訓練2018に行ってきました。
430 0903  災害時犠牲ゼロへ「避難カード」、岡山県は作製や活用を住民組織に呼び掛けている
429 0901  九都県市合同防災訓練(川崎・東扇島)に行ってきました。
428 0901  9月1日は防災の日、関東大震災から95年目、県民センター1階の展示コーナーで防災展示
427 0901  首都圏自治体、「タイムライン」で河川氾濫に備え
8月  
 426 0830  東京都の防災と女性シンポに約430人
 425 0830  風水害時の早期避難へ 福祉施設が協力体制 瀬谷区
 424 0830  救助犬の特性学ぶ 泉署で総合防災訓練
 423 0829  避難時の長距離歩行も安心 「防災対応シューズ」6選
 422 0828  防災アカデミー「女性の視点を活かした自助・共助」に行ってきました。
 421 0828  災害に強い神奈川を 1000人が連携確認 ドローン使った訓練も 海老名
 420 0828  住人主体の「被災マンション建て替え」始まる 熊本市で初めてのケース
 419 0827  アマチュア無線災害時医療ネット 福島県内意志構築目指す
 418 0827  大和市防災フェスタ2018に参加しました。
 417 0827  ビッグレスキューかながわ(神奈川県・海老名市合同総合防災訓練)に行ってきました。
 416 0825  浦安市災害ボランティアセンター、養成講座入門編を開催
 415 0823  【もしもの災害に備え「防災ポータル」】 政府広報
 414 0823  災害要援護者救援でブルーシート張り  レスキューアシスト
 413 0823  多様な視点で繋がりをつくる「女性防災ネットワーク・東京」設立
 412 0823  東京荒川流域5区 共同でハザードマップ作成 広域避難計画も
 411 0823  竜巻から子どもを守るために 世界の消防新事情
 410 0823  愛媛・西予市災害救援ボランティアセンター、ボランティアj全登録の開始
 409 0822  この雨大丈夫?そんな時、危険度分布をチェック
 408 0822  神奈川県主催、特別講演「目からウロコの防災新常識」山村武彦氏
 407 0822  【やさしい日本語(にほんご)の情報(じょうほう)もあります】活用を!かながわ国際交流財団
 406 0821  当災ボラ連絡会、 ‟災害時のボランティア『ニーズ』聴き取り研修会“ を開催
 405 0820  岡山・真備で避難所の「自主運営」進む
 404 0820  宅地耐震化に向けたガイドラインを国(国土交通省)が初提示
 403 0819  8月から9月にかけて各市町で防災訓練が開催されます。市、九都県市など
 402 0817  善意の日用品 被災者に無償提供 倉敷市真備町地区にある呉妹小(同町妹)で
 301 0817  災害時に郵便局、社協と協力 鈴鹿市が協定 避難所情報提供など
 400 0817  避難所支援物資で「ミスマッチ」 水や食料は十分な一方で、日用品が不足気味
 399 0816  福知山市災害ボラセンターより、岡山県倉敷市真備町へ派遣する「災害ボランティア」の募集
 398 0816  これからの支援活動を行うための参考情報  日本財団CANPAN調べ
 397 0815  綾瀬市社協が8月31日(金)〜9月2日(日)真備町に現地2泊のボラバスを派遣、V募集
 396 0814  ひなたやま支援学校防災拠点の方々と瀬谷区社協・瀬谷区災ボラの3者で初めて打合せ
 395 0810  盆期間のボランティア対応割れる 西日本豪雨災害地域Vセンター
 394 0809  熊本地震で市町音開設の災害VC、民間団体の活用5割どまり
 393 0809  倉敷にトレーラー型仮設
 392 0809  真備で「在宅避難者」孤立防げ 保健師らが住宅を一軒ずつ巡回し、実態把握に
 391 0808  いずみサマースクール2018、「発災時の対応 ‟サバイバル飯を食べてみよう!“」
 390 0808  神奈川災害ボラネット 西日本被災地への災害ボラバス 募集
389 0808  国土交通省「川の防災情報」から平成30年7月豪雨を検証 命守れたかもの5時間の5時間
388 0804  今治市豪雨災害住民支え合いセンター、閉所後も、継続的活動を
387 0803  ネットで災害ボランティア登録
386 0802  台風・豪雨から人命守れ、3市消防が、合同の風水害訓練
 7月 
385 0731  調理ボランティアを大募集! 自主避難所や在宅避難者に向けた炊き出しで
384 0730  西日本豪雨の現場は、本当にしんどい現場だ 複数の県に及んだ被害で、支援の手は分散
383 0730  罹災証明を申請、使える支援制度は見落とせない 激甚化する水害への対策を!
382 0729  自然災害大国の避難が「体育館生活」であることへの大きな違和感
381 0728  西日本豪雨の被災地では、まだまだボランティアの力を必要 https://www.saigaivc.com/
380 0728  東京保険医協会で西日本豪雨災害に係る被災地支援事業「破傷風ワクチン無料接種」
379  0727  NPO法人かながわ311ネットワーク ボランティアバスを運行
378 0727  Ksvネット西日本豪雨災害ボラバス 参加者募集
377 0727  社会福祉法人 総社市社会福祉協議会 7/26 の災害ボランティアセンターの報告
376 0726  大阪北部地震の被害地の状況
375 0726  平成30年7月豪雨 第19報 全社協
374 0726  広島県 「坂町災害たすけあいセンター」からの報告
373 0726  【ボランティア情報】倉敷、総社市など
372 0726  「防災」で自由研究を  7つのテーマで体験イベント 横浜市民防災センター
371 0725  被害全容把握まだ 変化する支援ニーズ 広島県三原市木原では「床下」専門家の助言欲しい
370 0725  【募集】8/9教員向け防災教育専門研修(一般参加可) かながわ311ネット
369 0725  災害ボランティア 進む組織化、多様性排除に警鐘
368 0722  災害時外国人支援研修「熊本地震から学ぶ"災害時の外国人支援とは“」
367 0722  西日本豪雨 SNSの災害活用ばらつき 広島・岡山・愛媛の24自治体
366 0719  KSVねっと 西日本豪雨災害ボラバス27日‐29日 募集
365 0719  広島災害ボランティア情報 ボラバス仮登録受付
364 0719  宇和島市災害ボランティアセンター ボランティアの皆様の募集範囲を「全国」へと拡大
363 0719  被災住民の子ども預かり=県立大活用、避難所から送迎-岡山
362 0718  「こだま限定自由席片道割引きっぷ」の発売 JR西日本
361 0718  トイレ衛生管理支援の説明マニュアル  広島県立大大学院
360 0717  ボランティアは装備など準備し被災地へ 内閣府、保険加入や情報収集なども呼びかけ
359 0717  【平成30年7月豪雨 第9報】 全社協
358 0717  豪雨被災の避難所生活で悩む女性 トイレや着替え、岡山県内で課題に
357 0716  Ksvネット西日本豪雨災害ボラバス 第1便 応募締め切り 第2便準備中
356 0716  宇和島市災害ボランティアセンター まだまだボランティアさん募集中】
355 0716  【福知山市災害ボランティアセンターからのお知らせ】
354 0716  西日本豪雨の被災地 在宅避難者」に対する支援を各自治体に要請 政府
353 0716  避難所の環境 脱「雑魚寝」を急ごう 朝日新聞社説
352 0715  日本家政学会では、東日本大震災の経験をまとめた「炊き出し衛生マニュアル」を無料で公開
351 0715  泥の撤去、家具の搬出… 新人記者がボランティアに挑戦
350 0714  支援P、JVOAD、内閣府の連名で「被災地でのボランティア活動を希望される方々へ」が発行
349 0714  ボランティア奔走 3連休延べ1.8万人超か
348 0713  厚労省DHEATが全国初派遣 「災害時健康危機管理支援チーム」公衆衛生対策を支援
347 0713  【平成30年7月豪雨 第5報】 全社協
346 0712  豪雨災害ごみ、大きな負担=住民疲労、渋滞一因にも-倉敷・真備
345 0711  避難所、酷暑リスク 西日本豪雨 住民集中、熱中症訴えも 岡山など
344 0710  洪水や土砂災害で住宅が被災したら  本格的な修復までにすべきこと
343 0709  西日本豪雨、死者100人に 2万人超が避難
342 0709  今こそボランティアの全国ネットワークがためされる  内閣府への緊急提言
341 0709  日本各地で記録的豪雨  28道府県で土砂災害201か所、がけ崩れ169か所、土石流など24か所
340 0708  平成30年7月豪雨(第1報) 全社協
339 0707  マンション防災力強化ワークショップ 全7回 9/8~12/15 のお知らせ
338 0706  おおさか災害支援ネットワーク とは
337 0705  災害情報、地図や多言語で発信 スマホ・カーナビ念頭  総務省
336 0705  【北海道・7月2日からの大雨による災害(第1報)】 全社協
335 0705  新聞販売店が見守りで協力  民児協と協定、区内で初 二俣川ニュータウン地区
 334 0705  大災害発生時 ごみ量、年間の11倍に 処理に2年 横浜市が計画素案
333 0705  浸水区域従業員を職場で受入れ必要 東京都、激甚化する水害への対策
332 0705  「数時間から1日」事業が止まった 大阪北部地震への対応の課題 アンケート結果
331 0704  防セン アカデミー開講 横浜市民防災センター
330 0703  枚方(ひらかた)市災害ボランティアセンター 報告 ニーズを電子地図化など
329 0703  災害情報システム開発へ 宮崎県、防災科研と協定
328 0703  滋賀県米原市にて発生した竜巻(第1報) 全社協
327 0703  避難所生活の解消急ぐ、大阪「みなし仮設」月内提供
326 0703  横浜市 区内11校に蓄電池設置 仮想発電所の取組み拡大
325 0701  茨木市社会福祉協議会災害ボランティアセンター 瓦礫等撤去班を編成 軽トラと軽バンの2台で
6月 
324 0630  大阪北部地震、府・市職員、定刻参集2割弱 交通機関まひ
323 0630  大阪北部地震を震源とする地震 第8報 全社協
322 0629  大阪北部地震の課題まとめ ブルーシート張りなど
321 0629  被災者向けガイドブック作成 心の悩みや被災保険証噴出対応など 総務省
320 0629  大坂北部地震で、屋根上応急処置、ブルーシート張りの持続可能体制を
319 0628  大使館に災害時外国語窓口など情報提供 東京都
318 0628  大阪府、一部損壊世帯にも5万円 義援金を緊急配分
317 0628  防災講習会に講師派遣 実践的な取り組み狙い 保土ヶ谷区
 316 0628  瀬谷区災害ボラネッ ト施設情報をネット地図に 避難所やトイレなど
315 0628  戸塚区ハウスメンテ防災クラブ 地震時の身の守り方指導 家具転倒防止法など
314 0627  大坂府北部を震源とする地震 第7報 全社協
313 0627  災害時の備えに「野菜ジュース」を! 飲むだけでない活用法とは?
312 0627  大災害時にボランティア調整役 政府、偏り防ぐ仕組みづくりへ
311 0627  災害ボランティアセンター運営スタッフ養成講座を KSVN
310 0627  災害ボランティアセンター運営に必須の「インターネット活用講座」 KSVN
309 0627  情報伝達に課題 大阪市災害対策本部会議、解消に向けて
308 0626  「30年以内に震度6弱以上」 大都市圏のリスク浮き彫りに
307 0626  大阪北部地震 現在の復旧状況と今後改善すべき点
306 0626  「災害ごみ」持ち込み増 あと片付く進み 大阪北部地震
305 0625  大坂震度6弱、住宅の被害認定に「自己判定方式」導入へ
304 0625  「罹災証明書・即日交付」手続きがスタート 高槻市と枚方し
303 0625  横浜市、対象地域(しらゆり・中田)にブロック塀等整備に補助金制度
302 0625  大阪北部地震、要支援者の安否確認、自治体間で差
301 0624  茨木市社協災害ボランティアセンター、センター認知にチラシ投函・訪問
300 0624  地震時の通学路「危険個所」をチェックできるイラストが評判
299 0623  かながわ災害情報連絡会の総会
298 0623  日本財団、大阪北部地震で現地調査で状況報告
297 0623  オオサカ北部地震市がボランティア募集窓口設置
296 0623  防災への関心高めるには、楽しいイベントやゲームを取り入れる
295 0622  オオサカ北部地震の先遣調査 ピースボード災害ボランティアセンター
294 0622  豊中市社協、災害支援ボランティア窓口、20日スタート
293 0621  にいがた災害VNW、大阪北部地震に関する支援開始のお知らせ
292 0621  瀬谷区災害VNW、情報連絡にLINEが普段の5倍使われる。WiFiは無料肺胞へ
291 0621  映像で防災・減災啓発23,24日 保土ヶ谷区
290 0620  災害時の外国人観光客ケア不十分 大阪地震で課題
289 0620  岡本正弁護士、災害救助法など、被災者支援に関する法精度紹介
288 0620  豊中市社協、午前中、安否確認、状況把握し、午後からセンタースタート
287 0620  豊中市社協、災害救援ボランティア窓口開設
286 0619  大阪地震、SNS利用急増 LINEは利用5倍に
285 0619  横浜市のCブロック会議、瀬谷区災害VNWで開催
284 0617  日赤泉区地区委員会主催の救急法救急員資格継続研修が開催
283 0616  緑園東小学校地域防災拠点の防災訓練が行われた
282 0616  平成30年度防災白書にボランティア活動に関し記述
281 0616  地震活動活発化 千葉沖「スロースリップ」に注意を
280 0615  防災力向上へ全戸訪問 小松市消防本部
279 0615  消防団 ポンプ車、使え会くなる? 道交法改正で困惑
278 0615  横須賀線E217系使用、津波想定した避難訓練 参加者募集
277 0614  常総市防災アプリ運用中
276 0611  間違って、居ませんか? 災害直後、トイレに水を流すのはNGです!
275 0611  災害時に海外から液体ミルクチ調達 東京都がイオンと協定
274 0608  福祉避難所開設報学ぶ 多いや祭期しで研修会
273 0608  南海トラフ被害、20年間で1240兆円 土木学会、経済影響を推計
272 0607  横浜災害ボランティアネットワーク会議の研修会と年次総会
271 0607  風水害に備え、3者(泉区役所・警察署・消防署)
270 0605  兵庫県、災害時の学校支援チーム熊本で発足
269 0604  マンション防災入門講座
268 0604  三重県 LINEで防災情報を配信 今日から
267 0604  政府と東京都など、水害区域避難検討会
266 0604  内閣府、水害・ぢしゃ災害対策の手引き
265 0603  「適切な避難勧告を」 気象庁が自治体向けテキスト作成
264 0602  ツイッターで災害時における情報発信・収集の訓練を実施 須坂市
263 0601  全ボランティア拠点が閉所 熊本 地震後の支援12万人超
5月
262  05/31  熊本市「生活相談員ミーティング」 火の国会議
 261  05/31  大田市VC 「屋根パトデー」 戸別訪問活動概要
 260 05/31  新移動式炊飯器用へらの紹介 横浜防災ライセンス
 259  05/31  和光市、ツイッター活用訓練 6月10日
 258  05/30  泉区地域防災拠点運営委連絡協議会総会
 257 05/30  スマホアプリで災害速報 ヤフーと協定、避難所情報も 柏市
 256  05/28  九州豪雨の雨で浸水被害の恐れ 朝倉市のダム下流域1000世帯以上の住家、梅雨対策の死角に
 255  05/28  災害時、4か国語の支援情報配信 全国初、熊本市で6月から
 254 05/26  緑園東小地域防災拠点の訓練 6月16日
 253  05/25  一時滞在施設補助、備蓄食料更新も対象 東京都
 252  05/25  熊本地震の教訓、防災に活かせ 九大研究者ら活動報告を教科書に
251 05/24  旭区、災害時に怪我をしたらリーフレットで紹介
 250  05/23  瀬谷区災害VNの総会
 249  05/22  秋田県社協、記録的大雨で21日災害VCを設置、V募集等開始
 248  05/21  9世紀に関東でM8級の巨大地震 神奈川で証拠の地層
 247  05/20  大田市災害VCの各種相談と依頼者訪問で、他の困りごとの発見も
 246  05/20  青葉区災害V連の定例会  地域防災拠点への災害VCの役割紹介を
 245  05/17  瀬谷区災害VN10年の歩み、1冊に、原点振り返る記念誌完成
 244  05/15  緑園東小地域防災拠点の運営委員会
 243  05/14  災害時の情報集約、クラウドで革新 ニュープロダクト 防災科研の「防災ミュージアム」で運営
 242  05/14  マンションの地震対応”切り札”が1箱に 熊本の経験を全国に
 241  05/12  泉区災害V連絡会の総会
 240  05/10  かながわ災害情報連絡会、防災ギャザリングでDITS(災害情報ツイッター発信)と電子地図を紹介
 239  05/10  住まい、生活物資、税金優遇・・・・被災者を助ける公的支援内容紹介
 238  05/10
 「地震対応失敗」も教訓、熊本市が記録誌刊行
 237  05/10  地震被災による自宅再建、個別情報把握し支援を、県弁護士会災害対策委員長に聞く
 236  05/09  伊勢消防、音声翻訳アプリ導入 外国人患者に活用
 235  05/09  熊本県、,県内193回線の「特設公衆電話」を避難所に設ける。停電時も使え、無料
 234  05/08  新橋小地域防災拠点の第1回運営委員会
 233  05/08  災害時ゴミ優先収集、携帯トイレ提供も業者と川崎市が協定
 232  05/07  気象庁、手話通訳の導入を検討 聴覚障碍者に防災情報
 231  05/07  泉区災害V連絡会の運営委員会
 230  05/03  赤十字救急法救急員 資格継続研修 6月16日
 229  05/02  防災アプリで車中泊支援、福岡市 熊本地震を教訓に
 228  05/01  「避難先で死なない」イタリア被災地に学ぶ生活再建 日本とは大違い、国際基準「スフィア基準」
227  05/01  緊急地震速報でBCP支援 訓練や安否確認システムと連携も 竹中工務店システム
切り4月

226
0426  かながわ・よこはま防災ギャザリング 5月12日
225 0426  地域防災実践ネット 災害に強い社会を目指して、みんなで取り組む地域防災
224 0426  安全安心で、地域に貢献する福祉を目指して
223 0425  自治体が備蓄すべき災害医療機器
222 0420  震災関連死、どう防ぐ 時期は「1週間以内」、自宅や親類宅、車中泊で多発の定例運
221 0420  避難所も多文化共生を 外国人代表者会議、市へ提言 運営協力に多言語シート
220 0420  平塚市、関電ブレーカーで火災防げ 設置呼びかける
219 0418  緑園東小地域防災拠点の今年初の運営員会を開催
218 0417  島根県西部地震の被災状況報告 大田市危機管理室
217 0416  障がい者ら避難 地域と連携 個別に計画、理解深める 下
216 0416  大田市災VC 安全かつ確実なブルーシート張り講習会
215 0416  大田市災VC、WEBサイトアドレスを更新
214 0416  復興支援 でブルーシート張り講習会実施
213 0416  大田市災VC ボランテティア登録(個人・団体用)
212 0416  大田市危機管理課 家屋などが損壊した皆様へ、写真を
211 0416  大田市災VC 専用電話開設 活動よう、支援・相談問い合わせ
210
0416  大田市災VC 4月15日の活動報告
209 0416  避難所の需給、一目で・・・支援物資情報を自動集約
208 0416  災害時のつぶやきを被害軽減に活かす ウェザーニューズ、ツイッターと新サイト開設へ
207 0416  港北区災害ボランティア連絡会がウェブサイトアドレスを更新
206 0416  被災地障がい者センター① 東日本の悲劇、繰り返す
205 0416  熊本地震、関連し、不認定365件 自治体間ばらつき
204 0416  島根県西部地震 第2報 全社協
203 0416  避難所に子どもたちのあそび場を作ろう!悲しい理由が希望に代わる!
202 0416  熊本地震、災害時に威力を発揮した大西市長のツイッター
201 0416  岐阜大がオンライン防災講座 無料サイト「ガッコ」活用
200 0416  ある日突然、トイレが使えなくなったら 災害時、命を左右する排泄問題
199 0416  アルピニスト野口健さんが被災者にテントを送った理由
198 0414  大田市災害ボランティアセンターのレイアウト写真
197 0413  被災ママの声をネットで発信、備蓄方法、生活の工夫、避難所の在り方も
196 0412  大田市災VC開設 12日 ボランティ受付、活動は13日から
195 0412  大田市災VC、ボランティア募集 チラシと」写真
194 0412  同上 ボランティア活動内容、受付開始は14日9時から
193 0412  島根県西部地震による影響の現地報告
192 0412  健歯科医師会、衛生士会と連携を確認、災害時の救護活動も 戸塚区
191 0410  女性や多様性配慮した避難所運営を 東京都、指針を関係者全般向けに改訂
190 0406  シニアも災害時にSNSを 熊本地震、被災学生が指南
189 0406  災害時もネコと一緒 避難や備え 飼い主の教訓冊子
188 0405  当災ボラ連の4月度運営委員会
187 0405  県が防災情報をツイッターとフェイスブックで発信 岐阜
186 0404  震災時のLINE活用検証 熊本市、情報伝達訓練
185 0403  泉区災害ボランティア通信No.1702
184 0403  港湾提外地の高潮対策でタイムライン 国交省、ガイドラインでエリア減災計画なども
3月
 183 0330  新年度、新学期到来!家族の安否や見守り確認最新アプリやツールの検討を!
 182 0330  日本で災害が起きたら、どうしよう!中国人観光客の不安にこたえたアプリが登場
 181 0330  熊本地震の関連し、駒本氏で新たに3人
 180 0329  災害時人財・資材で国交省など三者協定
 179 0329  東京都地域防災計画震災編を修正へ
 178 0329  熊本県が発生4か月以降の検証報告書を発表
 177 0329  頻発する自然災害、ICTは役立つのか、自治体が抱える課題
 176 0329  外国人に『災害予防』を啓発、瀬谷区が4か国語版冊子作成
 175 0328  災害に強い街づくり 避難所運営マニュアル 大分
 174 0327  災害避難、ペットと一緒はゴルフ場へ 宝塚氏が市内2クラブと協定
 173 0326  災害時、被災地で調剤 「移動薬局」お披露目 熊本県薬剤師会
 172 0326  内閣府、罹災証明書の即日発行も可能に
 171 0323  災害弱者の自助・共助 在留外国人、地域社会に溶け込む
 170 0323  都道府県別の昨年度土砂災害発生件数 神奈川県は134件で3位。神奈川県は過去10年で最大
 169 0322  「避難誘導に不安」4割、特別支援学校の教員 大分
 168 0319  災害時ストーマ供給へマニュアル 発案者は、岡山大病院
 167 0319  小池知事、液体ミルク製造解禁を歓迎
 166 0319  豪雨対策・最前線~国土交通省、中小河川治水対策に本腰 安心が最大の敵だ
165  0318  電源から離れてもより精度高い緊急時新速報
164 0317  泉区赤十字防災ボランティアQQの会の勉強会
163 0317
 母乳育児でもミルクを備蓄? 子育て中の親に優しい防災情報を
162 0317  災害時に「基幹福祉避難所」を神戸市全区に整備へ
161 0317  災害弱者の自助・共助 障がい者、支援側の判断力重要
160 0317  外国人労働者向けの安全マニュアル公開
159 0317  気象庁、災害時派遣チームを5月に創設
158 0315  感震ブレーカー補助対象地域を拡大 木造住宅未収地域以外でも 保土ヶ谷区
157 0315  首都直下地震時の災害ボランティア活動連携訓練 東京都
156 0313  緊急輸送道沿道耐震化、段階的改修注力 東京都、所有者への指導や占有者の移転支援も
155 0313  日本海溝沿い地震や新たな活断層の評価 文科省、来年度公表予定
154 0312  東京都女性防災人材育成 3.11に開始
153 0312  泉区人財バンク「活動PR展」で『災害時の情報発信』説明・体験会を実施
152 0310  北綱島小の防災教育 家庭、地域の備え結ぶ 共助の担い手も視野
151 0310  防災への関心高めるのは至難 楽しいイベントやゲームを取り入れる 
150 0309  大規模災害に備え 働く人は自宅に3日戻れない想定を
149 0309  被災マンション再生に複雑な法の壁
148 0308  泉区防災講演会「異常気象と災害」
147 0308  泉区人財バンク活動PR展で。「災害時の情報発信」を
146 0308  東日本大震災から7年 首都圏の被災地は今?
145 0308  災害救助啓発団体イベントで防災促す 戸塚区
144 0308  300人が自助共助を考える 保土ヶ谷区
143 0308  災害時医療 「診療可能」は旗は目印 3師会が掲出訓練 保土ヶ谷区
142 0307  政府m雪解けで雪崩や土砂災害など警戒
141 0306  障がい者の55%が避難時に支障あり
140 0305  震災7年、3.11後方支援の教訓 腐敗悪臭 細心の注意
139 0305  災害時に衛星通信で視覚的情報伝達
138 0305  東京都女性向け防災イベントに約500人
137 0305  航空写真などで住宅被害判定効率化
136 0304  浦安市災害ボランティアセンター図上訓練
 135 0302  かながわ災害情報連絡会の電子地図作成活動で横浜災ボラ地図ポータルサイトを作成
 134 0302  震災7年、3.11後方支援の教訓 「温かい食事を届けよう」
 133 0302  東日本大震災関連の倒産状況
132 0301  「東京くらし防災」 本日より入手可能
131 0301  「東京くらし防災」も閲覧は、こちら
130 0301  震災7年 復興の途上で 復興住宅、老いと困窮と 医療・家賃…細る支援
129 0301  ICTで冠水を把握 防災活用へ 新潟市とIT2社が実証実験
128 0301  都営地下鉄、3日に六本木で防災ネイル
127 0301  国土強靭化、悪影響大の課題集中議論へ
126 0301  消防団が震災想定訓練 区内全域で出動に備え
2月
125 0228  東日本大震災7年、復興の途上で  復興住宅3年遅れで完了へ 沿岸部m来年度中に整備
124 0228  減災サイト、大雪時に機能せず 福井
123 0228  平塚市とヤマト運輸が災害時郵送協定
122 0228  東日本大震災7年、火使わぬ備蓄キット 避難経験から提案
121 0227  横浜市防災計画改訂へ 福祉避難所に名称変更とその運用について
120 0227  岩手県内初 内陸部避難者向け災害住宅内覧会 室内広々、新生活に期待
119 0227  災害時緊急輸送で協定 福島市とハイヤータクシー協組
118 0227  国交省、津波と水害学ぶカードゲーム  小学生向けにイラストでわかりやすく
117 0226  被災者とペット「避難所で同室は無理かも」 環境省改訂
116 0226  家閉ざす雪、危機に瀕した高齢者 福井
115 0226  阪神淡路大震災から20年、共助を軸にした新しい防災へ 永松慎吾氏の災害経済学
114 0226  泥かき用鍬、豪雨被災の朝倉市へ 鹿本商工高生手作り
113 0226  災害時用トイレづくり・火起こし学ぶ 東京ガス、自治体などに出張防災プログラム
112 0226  東日本大震災7年、県外避難、なお4万349人、うつ病リスクも 戸別訪問、3県で温度差
111 0224
 支援P、JVOAD共催の「九州北部豪雨災害支援活動報告会」
110 0224  海老名災害VNW・海老名市社協主催の防災講演会&勉強会
109 0224  横浜市災ボラ主催「Bブロック会議」が磯子区で開催
108 0224  ひちくボランティアセンター、災害から7ヶ月、河川等の復旧にはまだまだ
107 0222  災害ボラセンター連携会議。葉山町防災安全課、葉山社協、HSVN、関連組織の代表メンバ
106 0222  山形版避難所運営学ぼう、NPOなど疑似体験ゲーム
105 0222  自助・共助による減災運動推進大会 保土ヶ谷区
104 0222  帰宅困難想定シミュレーション 保土ヶ谷区 横浜駅~星川中央公園」
103 0220  磯子区の各地域防災拠点の防災訓練 磯子区災ボラも訓練に参加
102 0220  障がい者・高齢者の災害時介護の備えを 「安心・防災帳」を活用したワークショップ
101 0219  「地震・防災フォーラムin よこはま」 「町の防災組織」事例発表会に緑園も
100 0219  スマトラ島で火山噴火 インドネシア、噴煙5,000m
99 0219  東京都、備えを学び災害時役立つアプリ  無料配信を3月1日から開始
98 0218  緑園西小学校地域防災拠点の防災訓練 「災害VCと地域とのかかわり」について
97 0218  東に本大震災、重症うつ死亡リスク4バイ宮城の高齢者調査
96 0218  防災協、栗駒山ハザードマップ案を公表 噴石範囲など
95 0217  防災教育、岩手に学ぶ 横浜で講演会24日
94 0217  災害ボランティアには、農業支援がないのをご存じか? 災害報道研修会が熊本で開催
93 0216  平成29年度豪雪にかかる災害(第4報) 全社協
92 0216   "あなたの「活」場所、見つけませんか?” は、講師の急病のため中止に
91 0216  避難所もバランス食を 熊本県が第3次食育推進計画案
90 0216  ボランティアフォーラム開催のお知らせ
89 0215 「泉区防災講演会」異常気象と災害 3月8日
88 0215  自治体向けにSNS送信サービス提供 NTTコム、メール・電話より高い到達率を強みに
87 0215  内閣府、県と政令市の災害時権限協議
86 0214  大規模災害に備え消防ヘリが深谷町で離着陸訓練 戸塚区
85 0214  中央構造線断層帯など調査対象を改訂
84 0214  地震の確立が上昇、南海トラフは80%、茨城県沖が90%に
83 0213  傾く巨大ビル、台湾地震で記者が見た被害実態
82 0213  学校防災推進会議、防災研修WGが教職員向けカードゲーム教材完成 石巻市
81 0213  南海トラフと根室沖の巨大地震 発生確率80%に引き上げ 政府地震調査委
80 0213  東に本大震災を忘れない!、地域福祉防災力の向上を! やまと災ボラネット
79 0213
 大雪災害 第3報 全社協
78 0210  横浜災害ボラネット会議、DITと災害VC開設(情報伝達)訓練
77 0210  南海トラフ地震、30年以内「70~80%」 最新予測
76 0209  川崎市、「かわさきWi-Fi」が、より便利に・より広範囲に拡大
75 0209  木造応急仮設住宅、東京で技術講習会
74 0209  内閣府、住宅被害判定で写真活用へ
73 0208  要援護者の避難所生活とは、 瀬谷消防署で開催 2月15日
72 0208  地図で地域見守りシンポジウムを開催 保土ヶ谷区社協
71 0208  減災運動推進大会 住民主体で防災を 保土ケ谷区
70 0208  建設両協会、区に資機材を寄贈 災害時に役立てて 保土ヶ谷区
69 0208  聴覚障がいの者支援強化へ 三重県と明和町が協定 災害時の対応を充実
68 0207  大規模洪水での広域避難計画策定を 内閣府、東京東部など想定し、自治体間で連携
67 0207  感染症対策ツールをワンパッケージで商品化
66 0207  台湾東部で地震、2人死亡、邦人2人けが、負傷200人超
65 0207  防災教育、地域と学校の連携大切 新潟で研修会
64 0206  青葉区災ボラセンター立上げ訓練 2月25日(日)
63 0205  九州北部豪雨7カ月、1,000人以上避難生活続く
62 0205  横浜に大地震! その時あなたが失うものは? Vニーズ掘り起し訓練
61 0205  防災拠点WiFi、2年で約9,000か所整備 総務省
60 0203  相模川流域水害防災講演会と熊本地震の教訓tICT利活用について
59 0203  障害者防災リーダー養成講座
58 0203 「おおづち保育園」園長、東に本ぢ震災時の状況、その後ん経緯を語る。 
57 0202  神奈川県下、各市町村の行政、社協の防災担当の合同会議 益城町VC & ICT利活用
     
1月
56 0131  熊本地震の教訓とICT利活用について  伊勢原市
55 0131  後悔したくない災害時のペット避難
54 0130  災害時に避難所へ電気自動車使い送電 さいたま市と東電EP 低炭素で電気が止まらない街」へ
53 0129  磯子災ボラネット  地域防災拠点訓練2拠点で活動報告 区21拠点の約半分終了
52 0129  葉山災ボラセンター設置運営訓練の告知 3月4日
51 0129  避難所は自宅マンション 耐震化、備蓄、帰宅困難者に開放
50 0129  避難所は自宅マンション 帰宅困難者対応も 各地で計画
49 0129  伊勢市、台風21号時の対応検証 市長、職員ら100人、情報収集、共有に課題
48 0129  土砂災害・研究最前線 国総研・土砂災害研究部を訪ねて 安心、それが最大の敵だ
47 0128  熊本地震等を踏まえ、横浜市防災計画の修正について
46 0128  「防災とボランティア」(内閣府主催)、基調講演、WS、パネルディスカッション
45 0128  「地震・防災フォーラム in よこはま」 2月17日 緑園西の街が事例発表
44 0128  市防災センターで「災害時のトイレ問題」 市が下水道とマンホールトイレ設置計画など
43 0128  「災害時のトイレ問題」でトイレ研究所代表が携帯トイレの備えを強調
42 0128  JCN、現地会議 in 東京・大阪 開催のお知らせ
41 0128  熊本地震支援団体火の国会議 県総合防災訓練を開催
40 0127  九州北部ごうう災害活動支援農業ボランティア大募集!
39 0126  四国地域の活断層の地域評価
38 0126  「障害者支援を通して被災地の現状と課題を知る」シンポジウム
37 0126  十和田崋山、被害想定を初公表 青森・秋田、30キロ圏に火砕流
36 0124  釜沢区災ボラ、おやこ防災Dayキャンプ 3月8日 のお知らせ
35 0124  常総市、テレビ画面に災害情報 新システム実証試験 市内で一斉訓練 21日に
34 0124  「受援力」強めよう 神奈川災ボランネット 横浜で記念講演 神奈川新聞
33 0122  積雪予想、訓練としてDITSで発信を かながわ災害情報連絡会
32 0122  神戸新聞、阪神大震災時、当直生き埋め、通信手段喪失、その時署員は 内部記録集に
31 0122  東京都、耐震化で24事例選定・紹介
30 0122  土砂災害・研究最前線 国総研・土砂災害研究部を訪ねて 安心、それが最大の敵だ! 
29 0121  緑園東小地域防災拠点の防災訓練 災ボラと地域との関連
28 0120  「防災とボランティアのつどい」の開催案内
27 0120  「在宅被災者」対策手つかず、首都直下地震で14万人超の試算
26 0119  M7.3の首都直下地震、36万か所で被災 国交省渉推計
25 0118  泉区災害対策本部訓練 情報伝達で自治会‐拠点‐本部‐災害VCの連携を検証
24 0118  北海道沖で超巨大地震!? 専門家が400年前の津波被害を検証
23 0117  災害時の緊急情報伝達、放送波使いシステム構築 兵庫・加古川
22 0117  被災時向け衛星サイト「そなえ~る」 花王、役立った物品や活用事例など
 21 0117  支えを問う、地域防災力は今 必要な助け、情報共有
20 0116  「日頃の心構え説く」防災テーマに湯河原町役場で講演 日本防災士横浜支部の乾英昭さん
19 0116  総務省、被災地経験職員を派遣 現地で首長補佐
18 0116  阪神大震災23年、復興に欠かせない災害ボランティア 「善意の力」無駄にせず着実に生かす
17 0115  土砂災害犠牲、高齢者51% 国、避難対策強化へ
16 0115  NTT、15日から安否確認サービスの体験利用
15 0114  南海トラフ地震、津波避難6割発令検討 139市町村調査
14 0114  災害用備蓄食料、震災後に急増 40都府県で1.8倍 賞味期限切れ大量廃棄
13 0111  新春出初式「今年も防火防災を」68人12団体を表彰 泉区 タウンニュース
12 0110  防災ソング 歌う防災じわり人気 芸能人ら啓発 軽いノリ 若い世代に好評
11 0110  災害時の避難所生活で困るトイレに 安心快適「トレーラー」
10 0110  政府、カーナビから災害情報提供 日本版GPSの衛星活用
9 0110  地震・津波発生で安否確認を自動配信
8 0109  防災教育 国土の防災ライブラリー情報をコンテンツとして提供 国交省
7 0109  熊本地震災害派遣に参加した医療・介護職の立場から 2月22日 共創カフェ@やまと
6 0108  チェーンソー実習 多摩川河川敷で 2月18日
5 0105  泉区新年祝賀会
4 0105  南海トラフ沿いで、大規模地震につながる可能性の減少観測の場合、気象庁が発表
3 0104  青葉区、Youtube で「安心・安全!災害に備える街青葉」を発行
2 0104  熊本地震、関連死3割が車中泊 健康確認、態勢確立を
1 0104  7言語で子育て動画 日本の制度わかり易く タウンニュース