災ボラ連絡会 パソネット泉 |地域の活動 ||ボラネット |

 ボランティア活動をお考えの方へ
  全国社会福祉協議会  全国ボランティア・市民活動振興センター
 
 4月16日(木)1時25分頃、熊本県熊本地方を震源とするマグニチュード7.3により熊本県内の広い範囲で震度6強を観測しました。 また熊本県阿蘇地方を震源とする震度6強の地震が発生しました。
 現在も強い余震が相次いで発生しています。

 熊本市や益城町では本日16日の未明に発生した震度6強の地震、それ以降の余震により家屋倒壊などの被害が拡大しています。
 南阿蘇村では大規模な土砂崩れが発生し、また多くの家屋で倒壊などの被害が発生し、道路の陥没も多数発生し、阿蘇大橋にも亀裂が生じており崩落したとの情報もあります。
 阿蘇郡西原村では地震により大切畑ダムの堤防から水があふれたため鳥子川流域の約300世帯に避難指示を発令しています。

 今後、被災地では更なる余震により、被害拡大や倒壊家屋等による二次被害が起こる可能性が指摘されています。また本日夜から明日にかけ九州地方では強い雨が予想されており、がけ崩れや土砂崩れが発生しやすくなる危険性があります。

 現在、被災地では倒壊した家屋に取り残された住民の人命救助が行われており、緊急支援車両の道路確保が重要となっています。
 
 このような状況から、現在被災地ではボランティア活動の受け入れや活動が非常に困難な状況にあります。

 ご自身の身の安全や被災地の救命活動を最優先にお考えいただき、現時点でのボランティア活動は控えていただくことを、強くお勧めします。
 
被災地での「災害ボランティアセンター」の動き

 熊本市社会福祉協議会は、4月16日(土)より、開設を予定しておりましたが、断続的に続く余震により、安全面の確保が困難な状況から、開設を延期することになりました。開設については、現在のところ未定です。


 大分県社協は、県内の市町社協支援、情報把握のため「大分県災害救援本部」
(大分県災害ボランティアセンター)を昨日16日(土)に立ち上げ、被害のあった地域に県社協職員を派遣するなどの対応を行っています。現在、県内でのボランティア募集等は行われていません。