KSVN主催の災害時情報発信アプリDITSミニ勉強会
ビッグレスキュー2019(県・伊勢原市合同防災訓練)に向け
DITS活用者を増やそう!

   
   
 8月11日(日)、神奈川災害ボランティアネットワーク(KSVN)主催の災害時情報発信アプリDITSの勉強会があった。講師は泉区災害ボランティア連絡会、かながわ災害情報連絡会の江尻氏。
 31日のビッグレスキュー2019(県・伊勢原市合同防災訓練)において、DITS活用者を増やそうと、8日の開発者東海大内田教授による講座、10日のコミカレ講座、25日の勉強会と続く。全く急な企画でもあり、昨日の参加者は1名のほかは、KSVNの幹部だけ。

 また受講者もすでに経験者ということで、DITSの内容より9月以降の考え方の話し合いが中心となった。県単位で、災害時の情報発信連絡員を1,000名程度に増やすためには毎月県内各地での講座・勉強会が必要。その講師・サブの確保、県及び県内各所の理解が必要と話し合いされた。